◇小規模水供給システムのあり方に関するシンポジウム

令和1年9月3日

国立保健医療科学院生活環境研究部および東京大学大学院工学系研究科付属水環境工学研究センター主催の「小規模水供給システムのあり方に関するシンポジウム」が開催されました。小規模水供給システムの設備や維持管理に関する情報共有の方向性を目指した検討を実施するため、約100名が参加され意見交換、情報交換を行いました。弊社では、小規模水道の研究において「上向性ろ過池の取り組み」を発表しました。
「TO式上向性ろ過池」をよりご理解していただくため、説明会や弊社社員が皆様のご希望の場所までお伺いしプレゼンテーションを実施させていただいております。随時申し込みを受け付けており、パンフレットもご用意しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です